子供時代にタイムスリップ、工場見学デート

煙突のある工場小学生の頃の遠足で、工場の見学に行った思い出がある人も多いと思います。大人になった今でも、十分に楽しめる工場見学が、無料もしくはリーズナブルに体験できます。一言で「見学」と行っても、ただ作業工程を見て回るだけではありません。商品が開発されるまでの歴史などの展示物を見れるほか、実際に作ったり商品をお土産としてもらえる工場もあります。最近では、食品メーカーの工場見学が特に充実しています。

日清の工場では、300円でカップヌードルやチキンラーメンを実際に作ることが出来ます。スープと具は自由にトッピングが出来、カップのデザインも自分で考えます。世界で一つしかないオリジナルラーメン作りを体験できます。グリコの工場ではプリッツやキャラメルの製造過程を見学した後、無料のお土産も貰えます。

大人のカップルにオススメなのが、ワインやビールなどのお酒の工場見学です。キリンビールの工場では一番搾りと二番絞りの麦汁の飲み比べを体験出来ます。また3種一杯までなら試飲が出来ます。沖縄県にある泡盛まさひろギャラリーでは、泡盛の試飲のほか、もろみ酢の試飲もさせてもらるためドライバーの方でも気軽に行くことが出来ます。

男性に特に人気なのが自動車工場の見学です。トヨタ、ニッサン、ホンダ、スバル、ダイハツなど、各自動車メーカーが工場を公開しています。歴代の名車だけではなく、最新のハイブリッドカーや電気自動車といったハイテクな自動車も見ることが出来ます。子供の気持ちに戻り、楽しい思い出を作れば、二人の距離が縮まることは間違いありません。

私が考える、お金をかけないデートコース

桜並木私が考えるお金をかけないデートコースはウィンドーショッピングです。ただ、可愛いものを見ただけでも心があったかくなるし、買わないにしろ、それについて会話できたり、話が広がっていくと思います。欲しい物を手に入れるだけが楽しいデートではありません。

また、家具を見にいくのもオススメです。これから一緒に生活するとなれば家具を見にいく機会はあると思います。そこでどのようなものがいいのか下見の気持ちで行うのもいいと思います。マッサージ機などの体験もできるので、飽きずにみることができます。

一通り見るのがおわったらカフェに入って少し休憩してゆっくり。休んだ後は手を繋いで公園を散歩がてらいきながら、家に向かって歩いていきます。散歩はその時期によって色々なものや空気を味わうことができます。特に春は桜をみることができるので、花見を楽しむこともできます。

夏は海辺を散歩したり、四季を2人で感じることができるので、ウィンドーショッピングの後の散歩がおススメ。2人の会話を楽しみながら、かつ、あまりお金のかからないデートになります。公園にはバドミントンなどを持って行って、2人でスポーツをするのもいいですね。

私は、彼と一緒に料理をしていました

ピザ私が今の旦那と結婚前によくしていたお金をかけないデートは、一緒に料理をすることでした。材料を一緒に買いにいく時間も充分楽しかったですし、一緒に作る過程も相手の意外な一面を知ることができたりもしました。

例えば、旦那の場合は「あまり細かいことを気にしない性格なんだな。」と、調味料を計量する時や形をつくる時などに見えてきました。私たちがよく作った料理はピザです。ピザは生地の材料をホームベーカリーに入れてあとはお任せなので簡単です。

しかし、好みの食感にするために何度もリベンジしました。薄力粉や強力粉の量や薄さなども自分たちの好みを何度も試行錯誤しながら作りました。また、ピザは好きな具材を乗せられるので、お互いに好きな食べ物も分かりますし、こんな食材も入れてみる?と一緒に冒険するのも楽しかったです。

そんな私たちが今は結婚して、子どもと一緒にピザを作っています。ピザを作るたびに当時の付き合っていた時のことを思い出します。今は子どもが好む具材が中心ですが、またあの頃のように冒険もしたいと思っています。学生の方であれば、どちらかの家を使用するのでご両親の許可がいるかもしれませんが、一緒に料理をつくるというのは私がよくしていたお金をかけないデート方法です。