お金をかけずに楽しめるデートコース

ショッピングセンターお金をかけずに楽しめるデートコースを紹介します。都市部で楽しむなら、百貨店や地下街などを散策するのがオススメです。もし車で、地方から都市部へ行く場合、駐車料金が高いので、公共交通機関を利用した方が、お得だと思います。百貨店なら、色々な物を見て楽しむだけでも、時間をかけて楽しめますし、地下街は飲食店なども多く、リーズナブルな飲食店も多いので、そういうお店で食事をすると節約できると思います。

もし郊外型や、地方の街でのデートなら、イオンモールなどの郊外型の大型商業施設で過ごす事をオススメします。イオンモールなどでしたら、駐車場無料も多いですし、お店の数も多くお金をかけずに時間をかけて楽しめます。大型商業施設でオススメなのが、映画館で映画鑑賞です。比較的安い料金で、長時間、楽しむ事ができます。

あと、店内のペットショップでかわいいペットを探してみたり、家電量販店で色々な家電を見てみたり、書店に立ち寄ったり、アパレルショップを散策したり、お店の数も多いので、大型商業施設はお金をかけずに2人で楽しめるオススメスポットにぴったりだと思います。

また、疲れたら、カフェに立ち寄ってみたり、おなかが空いたら、安いフードコートで飲食を楽しむ事もできるのでオススメです。その他に、ロケーションの良い海を散策したり、海水浴に行ったりもお金を節約して楽しめると思います。山なら、お弁当を持参して、キャンプや、ピクニックをするのも、節約して楽しめると思います。

ウィンドゥショッピングで色々想像

書店に並ぶ本旦那と結婚前からBOOK・OFFにいき、思い出のDVDをさがしたり、欲しいなとおもうカメラ等をみています。古本も立ち読みします。二人でこの本がいい、あの本がオススメを言い合いをします。DVDは新しいのが入荷してないか、掘り出し物がないか、一緒に時間をかけて探します。

後はリサイクルショップに行って、家具や服、雑貨等のウィンドゥショッピングをしています。これが似合うとか、部屋のあの辺りにこれを置いたら可愛いとか、この食器使いたいとか、二人で色々想像します。

後は、天気がいい日は二人で海まで散歩。ゆっくり話ながら歩くと新しい店を見つけたり、新しい発見をすることがあります。海で、堤防に座ってボンヤリ海や夜景を眺めます。

公園に行ってブランコに乗ったりもします。子供が乗るパンダ等の乗り物に乗ることもあります。滑り台も滑ります。近所に安くで乗れるボートがあるので、よく二人で乗ってむちゃくちゃなこぎ方をしたりします。シーソーにもよく乗ります。ジャングルジムにも子供の頃にかえったように上ります。後は公園をのんびり散歩します。二人で一時間歩くこともあります。話をしながら歩くと楽しいですよ

無料動物園でウサギと一緒に戯れよう

動物園の入り口限定されてしまいますが、各市町村などで管理している無料ミニ動物園があるのでそこに二人でデートに行きます。無料動物園には、日本サル、月の輪熊、アヒル、鳥類、鳩、ウサギなどしかいませんがウサギに餌を与えたり、触ったりもできてとても癒されます。鳩もたくさんいて、餌代50円出せば与えることもできます。可愛いし会話も弾みます。

敷地内に入ると熊も一頭だけですがいるのでスリルも味わえます。鳥にえさを与えることもできるしサルも近くで見ることもできます。ミニ動物園で癒されてからは、同じ敷地内にある博物館に行き、動物たちの生態などに話が弾みます。芝生の公園があれば、バトミントン、フリスビー、など遊ぶものを持っていき体を動かしたり、ベンチでゆっくりするのもいいですよね。

公園にある遊戯具などで一緒に乗ったりしながら携帯で写真を撮り今日の記念日に動画を作ってみるのも楽しいです。その後は、夜景の見える丘までドライブをして、景色と星空を堪能したら大満足です。その後、彼女のアパートに行き彼女の手作り料理を食べるのもよし。二人で一緒にご飯を作ってもよし。食べながら今日の動画作ったのを見ながらいろいろ話して楽しいひと時を過ごしてはいかがでしょう。

自転車活用&一緒に料理でローコストデートコース

一緒に料理するカップルデートコースの大まかな流れ
①一緒に昼食を作って食べる。②サイクリングする。③イルミネーションを見る。

詳細
まず材料を買い出しに行くところから二人で行います。二人で買い出しに行くことで普段見ることのできなかった相手の生活面や意外な姿が見れるかも知れません。また二人で料理をする場合、最初は一緒に作業をしていたものの最終的にはどちらか片方がしているという展開になりがちです。ですが一緒に買い出しに行けば材料を選ぶ際に二人で料理をしている姿を思い浮かべているので、自然と二人でやろうという気持ちになって上のような展開になりにくくなります。そして自炊することで低コストにできます。

自転車は自力なので電車やバス等を使うよりも遥かに低コストです。自転車をイルミネーションを見に行く交通手段として活用します。また、一種のスポーツ感覚としても楽しめます。

イルミネーションは公園等でやっている場合が多く遊園地や水族館ほどお金がかかりません。また都会などであれば少し高台に登って夜の街を眺めるのもいいです。あるいは港や海岸などに出向いて夜景を見るのもいいでしょう。暗闇というのは自然と心に不安を煽り安心感を求めるようになるため、距離を縮めやすいです。ですからくっつきたい場合には良い効果を生みます。

最後に。イルミネーションを見た後は二人で一緒に帰ります。そうすることでその日一日の出来事を二人で話すことができ、会話も弾みますよ。