気が向いた時のみの数時間ドライブデート

綺麗な夜景今までに行ったデートの中で数百円で抑えられて楽しいデートは、夜だけの夜景デートです。デートでお金を使ってしまう1番の原因は長い時間一緒にいるというところにあると思います。長時間で週一よりも短時間で週三とかの方が楽しいかなと思って思いつきました。もっと簡単に言えば質より量です。

そして1番大切なのは、計画をしない事。計画をするから、あそこでご飯も食べたいなってなってしまうと思うんです。なので計画をせず「今から夜景連れてって」といきなりいうようにしています。お金がない、金欠などとマイナスの言葉を言ってしまうと「好きじゃないの?」とケンカになってしまったら嫌なので、バレないようにこの方法を取っています。

そうすることで、「ご飯は?」となっても「食べちゃった」と誤魔化せますし、週一ぐらいでガソリン代を少し渡せばいいかなぐらいなので、まさしく節約デートと言えると思います。

年上の彼氏だったら、こういう方法でなくても、他にも方法があるかもしれないのですが、同い年の彼だとどうしても割り勘だったり出費が重なってしまい、そこがデートのモチベーションを下げてしまう原因なのは確かなので、いかに彼との関係を崩さず、自分の出費を抑えるかを考えてこの案を発見しました。

大人のままごとの様なデート

お茶を持って微笑む年配の男女女房に先立たれ一人になってしまいましたので、女性とデートしても、浮気ではありません。わりと自由に遊んでいるのですが、昔はデートにはお金をかけましたね、デートの前には、色々なパターンを想像しながらデートをしたものです。最近は近くにドライブデートぐらいですね、そして互いにお弁当を持ちよっての、ままごとの様なデートばかりです。

この様なお金をかけないようにしてのデートも、色々なお話をしながら自然の中で過ごすのはいいものです。若い時ならきっといやらしいことを考えていたのでしょうけれど、ある程度歳を取ったものには、この様な落ち着いたデートも良いのです。たまに何か食べに行くとしてもお蕎麦くらいです。あまりお金がかかりません。

ただお金をかけないようにしているのでは、ないのですよ、年に何度かは、居酒屋やお寿司屋さんスナックなどへ行くことだってあります。その時の為に、普段は質素にしているのです。大人のデートと言う感じですか。

そうしながら、だんだん茶飲み友達になっていくのが私の理想なのですが、たまにはドキドキもしないといけないのかもしれませんね。そんなシュチュエーションになる事はあるのでしょうか、そんなこともたまに考えながらのデートが普段のデートです。

今も変わらない思い出と相手への気持ち

奈良公園学生ではなかったのですが、お付き合いしていた方はとても節約家で、あまり外食や電車にのって違う県にいくなどのデートはしたことがありませんでした。よく行ってのが、奈良公園です。奈良公園の近くに家があったので歩いて鹿を見にいったりお寺をまわったりなどのデートをしていました。

その日も仕事の休みが重なり晴れていたの奈良公園に向かうと、その日はフェスを開催しており、人盛りで賑わっていました。ドイツのビールを飲めるということで行ってみました。ドイツのビールなんて飲む機会もなかったのでとても楽しかったです。この頃周りの友達は大阪へ行ったりなどしていたので、羨ましく思わないと言えばうそになります。

しかしお互い仕事で会えないこともあったので、久しぶりに会えると嬉しかったですし、その方とはとても波長もあって毎回毎回とても楽しかったんです。なので、お金をかけずのデートもありではないかと私は思います。遠出も旅行などもしたいと気持ちもありますが、あの頃と変わらずに公園を散歩したり楽しくデートしています。かれこれ6年もお付き合いさせてもらっているのでお金をかけなくても大切に思ってくれている気持ちは伝えることはできるのではないかと思います。本当にいい思い出のひとつです。

二人の距離を近付けてくれるマル秘術

おにぎりデートに行くと 交通費や食費で結構かかります。食費に関しては 美味しいお店に並んで時間は掛かるしお金も掛かります。ダブルで勿体ないことです。ここで お金も掛からずに 二人の距離を近付ける秘策を教えます。金欠だからデートが出来ないなんて悲しい事です。ズバリ解決する秘策は「手作りお弁当」です。

お店に入ってランチを食べると 安く見積もっても二人で2,000円は掛かります。その点 手作りのお弁当は 頑張って工夫を凝らせば 原価をかなり押さえることが出来ます。面倒でも いや 面倒な事をしてくれることが 二人の信頼関係をより強いものにしてくれます。たまには 男子が作るのもいいものです。お料理が苦手でもおにぎりくらいは作れます。彼女にとっては たかがおにぎり されどおにぎり。大好きな人が自分のために作ってくれるものですから 嬉しくない訳がありません。

そしてお弁当ですから 街中で食べるという訳にはいきません。お弁当をどこで食べるか二人で決めるのもいいです。近ければ近いほど交通費が浮きます。お店で食べるのと違って 静かでゆっくり過ごせ お金も掛からず 良いことずくめです。本当に好きな人だったら 少しづつ貯蓄と言うのも夢ではありません。

手作りのお弁当またはランチタイム以降に会う

手作りのお弁当私達がデートをする中で特に節約していたのは食費です。その為に、デートする時は手作りのお弁当を持参して市営の入場料400円の施設や公園に出かけていました。お弁当を作ると彼が嬉しそうにしてくれる為に作る側としてもやる気が出て料理の腕を上げるのにも役立っていました。

また、近場でデートをするなら13時以降という決め事をしていた時期もありました。これも朝から外出するとランチを外で食べる事になるので、お互い家でお昼ご飯を済ませたのちに13時からデートに出かけるというわけです。

これは彼からの提案で始めたルールで、確かに毎回デートの度に外食していたら食費が大変になり他の事にお金が使えなくなるので合理的だなと思いました。夜にデートをする時は、彼の家でレストランに負けないレシピを研究して一緒に夕飯を作る様にしていました。

意外に男性はスーパーの野菜などがいくらなのか興味がない人が多いので、付き合っているうちから一緒にスーパーに行くとカップルで節約意識を高める事に繋がります。また、一緒に買い物してきた材料を2人で調理をすると更に愛情も深まります。お金のかからないデートでも私はこの食費がかからないスタイルのデートが1番お気に入りです。

大きな公園の自然を感じるデートでリラックス

フラフープをする女の子大きな公園でたくさんの花や木を見ながら体を動かすデートかとてもおすすめです。公園なのでもちろん、お金はかかりません。

私のお気に入りは、愛知県にあるモリコロパークです。モリコロパークのいいところは、自然がものすごく沢山あるところです。公園の外には季節の花や木があり、公園の中には池などもあります。写真を撮ったりと、自然を感じながらゆっくりとした時間を過ごすことができます。また公園の真ん中には大きな芝生のスペースがあり、体を動かすことができます。フラフープなどを借りることができ、普段できない遊びもできます。ボールなども持ち込めるのでキャッチボールもできますし、犬を連れて行くこともできるので、思う存分運動ができます。

さらに、モリコロパークにはサツキとメイの家というジブリ映画のとなりのトトロの世界を再現した場所もあります。予約が必要ですが、懐かしいものばかり揃えられていて、とても楽しめます。ジブリ好きにはたまりません。

モリコロパークにはリニアに乗って行くことができます。リニアもあまり普段使わないものなので、行く前から特別な体験ができると思います。あまりお金を使わず1日楽しむことができるので、デートにとてもおすすめです。

神楽坂散策の途中で楽しめる「数学体験館」

カラフルな数字一本道を入ると石畳の道が続き、大人の雰囲気の神楽坂はデートスポットとしても人気があります。古民家風のカフェがあったり、隠れ家的なイタリアン料理店がありちょっとお高めなお店が多い印象があります。そんな神楽坂で無料で楽しめるお薦めのデートスポットがあります。飯田橋にある東京理科大学の神楽坂キャンパスにある「数学体験館」という施設です。

この数学体験館の館長はテレビでお馴染みのバンダナが印象的な秋山仁さんです。難しい理論や数式のある数学の世界をゲームやパズルなどを目に見えて体験できる形として表現しています。小学生から楽しめますが、高校生で習う単元の展示もあるので大人でも十分に楽しめます。東京理科大の学生が色々と説明をしてくれたりクイズを出してくれます。

隣には資料館もあり、数学に関する道具の歴史を見ることも出来ます。昔のそろばんや計算機など他では見ることが出来ない貴重な資料も展示されています。とっても頭を使い、そして勉強になるデートスポットです。理系ならディズニーランドよりも楽しめるテーマパークだと思います。数学体験館を観終わった後は甘いものが食べたくなると思うので、是非神楽坂でお茶してください。たまにはこういった変わったデートも良いと思いますよ。

街に出るだけがデートじゃない。

手作りのお弁当お金が無い時でも恋人には逢いたい!でもデートで金欠を知られたくない、というのが本音ではないでしょうか?貴重な休日を無駄にしたくはありません。なにも映画や繁華街に行きディナーを食べて、高価なプレゼントといった事だけがデートではありません。

たまの金欠だからこそ、この機会を利用して2人の仲を深めるチャンスでもあります。公園でまったりデートがお勧めです!交通費もあまりかけたくないので、近くの大きめの公園で2人手をつないで歩きながら景色をみて、美味しい飲み物やスイーツなどを買ってベンチで食べるのもありです。普段のデートと一味違ってリラックスしていてお互いに本音で話ができたり、いつもと違う一面が見れたりするかも知れません。

きっと2人だけの素敵な時間が流れる事間違いありません。更にキャッチボールやバトミントンなどもやってみると良いかもしれませんね。体を一緒に動かす事によって更に親密な関係に近づくきっかけにもなるかもしれません。もちろん、ランチに手作りのお弁当を持って行けば金欠の事なんて気づかれもしないで、楽しい充実した1日を過ごす事ができるでしょう。お金なんか掛けなくても素敵なデートはいくらでもできます!

学生の元気さをフル活用して行く節約デート

エプロンまずは家で2人でご飯を作り食べる。例えばホットケーキミックスと卵とウィンナーでちょっとオシャレなモーニングプレートだとテンションも上がるし、一緒に作業をすることによって仲が深まります。また、自炊は外食よりもかなり節約できます。

それから食後の運動もかねて歩いてカラオケへ。お昼のフリータイムは学生料金だとかなり安くドリンクバーなどもついているうえに長時間利用できるのでオススメです。そこからサイゼリヤやラパウザなど比較的リーズナブルなレストランなどで軽くごはんを食べて映画館へ。

観る前にパンフレットやグッズ売り場などを見ておくと映画へのワクワク感も上がり楽しいです。次回公開作品が貼り出されていれば次に観に行きたい映画を決めておくのも良いでしょう。またこの時間になるとレイトショーなので普通に見るよりも何百円かお得に最新映画を観ることができます。さらにこの時間帯はお客さんの数も少なく、運が良いとほとんど貸し切りの状態になります。

観終わった頃には2人で映画の感想や今日1日の思い出を振り返って終電も近いので駅まで見送って解散という金額的に激安のデートです。1日をフルに使うのでかなり疲れるとは思いますが思いっきり楽しめると思います。

世界一綺麗な空港でのんびり開放感のあるデート

空港交通費はかかってしまいますが、世界一綺麗な空港といわれている羽田空港がオススメです。ます国際線ターミナル、こちらは開放的な展望デッキにテーブルもあり、私はいつものんびりお茶やお弁当を持っていき飛行機をみながら食べたりしています。近くにカフェもありますが自販機もあるので、温かいコーヒーも飲めるので便利です。

江戸をイメージした小道にはたくさんのお店が並んでいて雰囲気もありますし、カーレースができる博品館もあって男性も楽しめます。一角には神社のように絵馬がかけられるところがあり、見ていると恋愛か受験についてのお願い事が多くありました。国際線ターミナルなのでもちろん国際色豊か、いつかどこか行こうねといつも夢の話しをしています。非日常のデートを楽しむなら国際線でチェックインカウンターのあたりを歩いてるだけでも旅行気分でとても楽しめます。

お弁当を持っていかない時は、空港内の無料シャトルバスで約5~7分程度移動して、国内線ターミナルまで行っています。国際線よりも断然レストランやカフェが多いのできちんと食事をとりたいときは移動しています。ここの展望デッキにはソフアのあるカフェもあります。夏はミストが出てきて涼しく、飲み物だけ頼みましたが、とてもおしゃれな空間でのんびりできました。空港だけで午後半日は十分に楽しめるので時間があって天気のいい日はデートに通っています。